プログラミングでよく使用される繰り返し文の一つ「for文」について解説します。

まずはfor文を使って0から9までの数字を出力しましょう。

# for文を覚えよう
for num in range(10):
    print(num)

これを実行すると、0 から 9まで数値が出力されます。

では、これを使ってどのようなことができるのでしょうか?for文は配列と非常に相性が良いです。

# for文を覚えよう2
num_str_list = ['zero', 'one', 'two', 'three', 'four', 'five', 'six', 'seven', 'eight', 'nine']
for num in range(10):
    print(num_str_list[num])

配列は[ ]の中に数値を入れるとその数値番目の値を取得できます。for num in range(10)と記述した場合は、numは0から9までの数値が順番に変わるため、配列の中身を順番に取得できます。

また、配列の中身を直接取得する方法もあります。直接取得する際は、range(10)の部分に直接、配列をセットします。

# for文を覚えよう3
num_str_list = ['zero', 'one', 'two', 'three', 'four', 'five', 'six', 'seven', 'eight', 'nine']

for num_str in num_str_list:
    print(num_str)

こちらも同様にzeroからnineの文字列が出力されます。

また、配列の中の値と○番目の数字が両方とも欲しいケースもあります。その場合はenumerateを次のように使います。

# for文を覚えよう4
num_str_list = ['zero', 'one', 'two', 'three', 'four', 'five', 'six', 'seven', 'eight', 'nine']

for num, num_str in enumerate(num_str_list):
    print('○番目', num)
    print('配列の中の値', num_str)

これを出力すると以下のように出力されます。

○番目 0
 配列の中の値 zero
 ○番目 1
 配列の中の値 one
 ○番目 2
 配列の中の値 two
 ○番目 3
 配列の中の値 three
 ○番目 4
 配列の中の値 four
 ○番目 5
 配列の中の値 five
 ○番目 6
 配列の中の値 six
 ○番目 7
 配列の中の値 seven
 ○番目 8
 配列の中の値 eight
 ○番目 9
 配列の中の値 nine

また、他にもzip関数というものがあります。これは、複数の配列を合わせて順番に取得することができます。

例えば英語とひらがなのリストがあった場合の例は以下の通りです。

# for文を覚えよう5
num_eigo_list = ['zero', 'one', 'two', 'three', 'four', 'five', 'six', 'seven', 'eight', 'nine']
num_hiragana_list = ['れい', 'いち', 'に', 'さん', 'よん', 'ご', 'ろく', 'なな', 'はち', 'きゅう']

for num_eigo, num_hiragana in zip(num_eigo_list, num_hiragana_list):
    print('英語', num_eigo)
    print('ひらがな', num_hiragana)

今回は、for文の基礎的な使い方を解説しました。Pythonのfor文は種類が多くどれを使えば良いか分からないかと思いますが、徐々に使って慣れていきましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です