前回は車を動かすために、「繰り返し」の方法を学びました。また、車を元の位置に戻すために、最初の位置に戻す方法「初期化」についても「キーが押されたとき」を使って行う方法学びました。今回は、新しく「条件」の使い方を覚えて、簡単なゲームを作りましょう!

今回作るゲームは?

サメを自由に動かして、ボールから逃げるゲームを作ります。

まずは、完成版の動画を見てください。

サメが上下左右自由に動き、ボールから逃げるプログラムを作成します。また、ボールにぶつかるとゲームオーバーのメッセージが出ます。

今回は、これを真似しながら作ってみましょう!

背景を変更し、サメを表示しよう

自分で、背景を変えてさめを表示することができるかやってみよう!!

解説の動画(声なし)

背景画像とキャラクター(スプライト)を変えることができたでしょうか?できたら今度は、サメのサイズを小さくしましょう。

キャラクター(スプライト)のサイズを変えるためには、右下の大きさの数値を変更します。

大きさを50に変えることで、サメのサイズが小さくなったと思います。

ここまで出来たらいよいよさめを動かすプログラムを書くよ!

問題:サメを上下左右に動かすプログラムを書こう

サメを矢印キーを使って上下左右に動かすようプログラミングしよう!矢印キーとは、キーボードの右下に付いている。上向き矢印、下向き矢印、左向き矢印、右向き矢印のことです。

ヒント1:書き始めはこの4つ!

上向き矢印、下向き矢印、左向き矢印、右向き矢印それぞれが押された時の動作をそれぞれ作ってあげよう!!

ヒント2:他に使う処理はこれ!

答え

自分で書くことで出来た子はいたかな?いろいろと組み合わせて試してみたかな?それでは答えの解説です!答えはこんな感じです。実際に矢印キーを動くか確認してみよう!もし、押した方向に動かなかった場合は、XX度に向けるの角度が合っているか確認しよう!

ボールを追加しよう

右下のスプライトを選ぶからボールを選んでボールを追加しよう!

追加で説明です。スクラッチはプログラムを書く部分(ステージ)がキャラクター(スプライト)ごとに用意されています。右下のキャラクターのアイコンを選択することで、ステージを切り替えることができるよ。

ボールの動きをプログラミングしよう

ボールが斜めに動き、端に着いたら跳ね返り動き続けるプログラムを作成しよう!

ヒント:今回使うのはこれ!

ボールを動かし続けるためには、「繰り返し」を使う必要があります。「繰り返し」の種類の中でもずっと○○し続ける繰り返しを使おう!また、ボールが端に着いたら跳ね返る動きは、「もし端に着いたら、跳ね返る」という動きが用意されているよ!

答え

まずは、はじめに動き始める方向を決めよう。次に、「ずっと繰り返す」を使い、中に繰り返し行う動きをセットします。

「はた」のボタンを押すとボールが斜めに動き始めるよ!動き始める向きを変えるとボールの動きが変わるよ!いろいろと試してみよう!

ボールとサメが当たった時の処理を書こう

サメに処理を追加するので、サメを選ぼう。

ボールとサメの当たり判定の書き方(動画)

完成したプログラムはこんな感じです。

これで、簡単なゲームの完成です。

サメを上下左右に動かして、ボールから逃げるプログラムです。

XX歩動かすの数字や、角度を変えることで動きや難易度が変わります。いろいろと試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です